住宅用太陽光発電☆おすすめ業者6選

住宅用太陽光発電とその導入費用

 住宅用太陽光発電は、導入費用はあります。
その主な理由は、パネルと関連設備です。
太陽光発電を導入するなら、住宅の屋根部分にパネルも設置する必要があります。
そのパネルが対応の光を吸収し、電力を作ってくれる訳です。
ただし、パネルは無料ではありません。
パネルを買って、住宅の屋根に設置する必要があります。
パネル本体だけではありません。
屋根に設置されたパネルを見てみると、周辺に様々な設備も設置されています。
その設備を導入するにしても、お金はかかります。
導入費用がどれぐらいになるかは、状況次第です。
パネル本体は100万円以上になる事が多く、その周辺の設備は40万円になる傾向がありますから、それだけで140万円ほどかかります。
さらに工事費用も加算すれば、目安は180万円です。

 それだけの費用がかかる以上、二の足を踏んでいる方も少なくありません。
しかし自治体による制度を上手く活用すれば、費用を抑えることもできます。
そもそも自治体には、色々な補助金があります。
リフォームや設備投資などの補助金も多いですが、太陽光発電もその1つです。
各自治体は、住宅に対する太陽光発電の導入を支援している傾向があり、補助金を支給しているケースも多いです。
補助金は、太陽光発電の導入費用が全額支払われる訳ではありません。
一部に限定されますが、それでも費用をかなり抑えられる傾向があります。
ただし補助金には締め切りもありますから、注意が必要です。
自治体によっては、補助金が先着順になっています。
また事前申請は手続きも必要ですから、早めに申し込みを済ませておく必要があります。

 それとここ最近では、住宅用太陽光発電の導入のハードルも下がりつつあります。
確かに10年ほど前などは、導入するハードルは少々高めでした。
費用が若干高めだったからです。
10年ぐらい前ですと、ソーラーパネルは150万円になる事も多く、周辺設備も60万円ほど必要でした。
業者による工事費用も30万円ほどは必要だったので、合計240万円前後になる事も多々ありました。
15年前などは、さらに多くの費用が必要でした。
ところが最近では、180万円程度で太陽光発電を導入する事もできます。
10年ほど前と比べれば、平均費用は大きく下がった訳です。
今後その費用が下がり続けるかどうかは、現時点では不明です。
導入してみれば、思ったほど費用は高くなかったという声も多いです。
ですから最近では、太陽光発電の導入を前向きに検討する方も増えてきています。

次の記事へ

PAGE TOP