住宅用太陽光発電☆おすすめ業者6選

発電機よりも住宅用太陽光発電の方がメリットが大きな理由

 自家発電には、主に2つの方法があります。
例えば発電機という手段です。
燃料なども必要ですが、所定のスイッチを押す事で発電できる機械もあります。
その他にも、住宅用太陽光発電という方法もあります。
住宅の屋根部分にソーラーパネルを設置しておき、電気を作る訳です。
後者のソーラーパネルは、太陽の光は必要ではあります。
太陽のエネルギーを使用して、電力を作るからです。
ですから太陽の光が当たらない場所ですと、自家発電が難しい事はあります。
それに対して発電機の場合は、たとえ太陽の光が当たらない場所でも、電力を作ることは可能です。
ですから発電機の方がメリットが大きいという声もあります。
しかしソーラーパネルには、発電機には無いメリットもあります。
その主なメリットは2つあります。

 確かに発電機を稼働させれば、電力を作る事はできます。
ところが発電機には大きなデメリットがあり、それを稼働させると大きな音が出ます。
ですから発電機は、基本的には夜間に使用する事はできません。
どうしても昼間の時間に限定されてしまいます。
それに対して太陽光のパネルの場合は、そもそも音が発生する事はありません。
パネルが対応の光を吸収する分には、何も音を発する事もなく、静かに発電を続けてくれます。
それと太陽光発電は、特にガスなどを発する事もありません。
発電機の場合は、ガスが出てしまう事はあります。
そのガスはあまり安全ではありませんし、色々な規制も考慮する必要があります。
その点太陽光パネルなら、特にガスを出す事もありませんから、近隣の住民に迷惑をかけてしまう訳でもありません。

 また住宅の屋根に太陽の光があまり当たらなくても、発電できる事も多いです。
そもそも太陽光パネルを設置するのは、屋根に限定されません。
住宅の壁の部分に、そのパネルが設置される事もあります。
建物に太陽の光が当たる場所は、屋根だけとは限りません。
屋根に日差しは当たらなくても、壁の一部に太陽の光が当たっている住宅も沢山あります。
ですから日当たりがあまり良くなくても、パネルを設置する場所を工夫してみれば、特に問題なく発電できる事も多いです。
むしろ発電機の方が、場所が限られてしまう事もあります。
上述の音や排ガスの問題もありますし、どこに発電機を設置するか困ってしまうケースも多いです。
それを考慮しますと、発電機を使用するというより、むしろ住宅用太陽光発電の方がおすすめです。

次の記事へ

PAGE TOP